スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿検査(2010-09)

2010年09月20日 12:42

7月の健康診断後、維持食に切り替えていたニャンコ先生の
おしっこの検査のために動物病院へ。



また、悪くなっていました。。。。。
検査項目検査結果参考正常値
比重>1.040猫1.025以上
白血球500μ-
PH86~7
蛋白質100mg/dl尿比重1.020以上30まで正常
結晶3+-


療法食にするとちょっとよくなって、維持食にするとまた逆戻り。
それのくりかえし…。


先生と相談して、今までずっとサイエンスヒルズだったけど、
今回ロイヤルカナンの療法食にしてみることに。
3週間くらい経過したところで、再度尿検査の予定です。


これで良くならない場合は、食事だけじゃなくて
注射したりして治療していったほうがいいということでした。


ひとまず食事を切り替えて様子見です。

************

11月初めに留守にするので、
その間動物病院で預かってもらう予約もしてきました。


「ニャンコ先生なら食欲落ちたりしないし、
フレンドリーなので大歓迎ですー。」
と先生の奥様に言っていただけるので、預かってもらいやすいです。

家に知らない人がくるとかくれて出てこないニャンコ先生ですが、
動物病院に滞在中はどんななのか改めて聞いてみたところ、、、

ワンちゃんが一緒に滞在の場合は、
ケースはじっこでじっとしているそうですが
そうじゃないときは愛想を振りまいているらしく、
「かまってかまって」と甘えているようです。


外面がよくてよかった。。。


午前中からおおあくびニャンコ先生。
20100920-1.jpg


こんな寝姿は病院では披露しているのだろうか…。
20100920-2.jpg



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ilovenewyork.blog6.fc2.com/tb.php/1237-3134d361
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。