スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプアニューギニア

2008年09月23日 10:58

先週から診てもらいたいところがあって通っていた
病院ですが、一応昨日で治療が終わりになりました。

家からおそらく二番目に近い総合病院。

初回に採血した時の事、
検査センターで名前を呼ばれるのを待っていたら、
となりに採血がすんだおじいさんが座ってきて。

「血とるのなんてこわくないよ。
 もう87歳になるってのにねえ。
 パプアニューギニアに戦争に行ったことがあるってのに、
 血をとるなんて、たいしたことじゃないよ。なあ、姉ちゃん。」



姉ちゃん?
あ、あたし?



話しかけられるとおもってなかったので、
ちょっとあわてましたが、
「そ、そうですよねー」と返事してみました。

このおじいさんは
看護婦さんに「怖くないですよー」とか言われたんだろうか…。


そのあと、しばらく戦争の時の話が続きました…。

今あたしに話しかけてるおじいさんも若いときは
戦争にでてたという話をきくと、
やっぱり「戦争反対」って思います。


スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。